天と地のあいだ

福井県勝山市にある磯崎建築の住宅を、スカーフ&ライフスタイルショップに改修したものが、このNimbusである。雲のようにふわふわと、地に足のつかないショップブランドを確立させるため、磯崎建築の持つ強い形式性(1050mmグリッドや天井ドーム)を下敷きに、やわらかい可変性(可変性のある大きなテーブルや壁に設置した丸環)を重ねた。すると、ドーム=天、と大きなテーブル=地が生まれ、天と地の間で雲のようにスカーフや雑貨たちがふわふわと漂いながら、臨機応変に展示されていく。状況に応じてチューニングする様は、このショップブランドを確固たるものとする。Nimbusは、磯崎建築の強い形式性を舞台に、雲のように様々な活動をここで展開する。
photo by 野田 恭平
□敷地:福井県勝山市
□敷地面積:181.2㎡
□建築面積:109㎡
□延床面積:155㎡
□原設計(意匠):磯崎新アトリエ
□原設計(構造):木村俊彦構造設計事務所